『図書館文化史研究』一覧


第 1号 第 2号 第 3号 第 4号 第 5号 第 6号 第 7号 第 8号 第 9号 第10号
第11号 第12号 第13号 第14号 第15号 第16号 第17号 第18号 第19号 第20号
第21号 第22号 第23号 第24号 第25号 第26号 第27号 第28号 第29号 第30号
 第31号


トップページに戻る


『図書館文化史研究』第31号目次 2014年9月刊

●特別講演●
  • 災害を超え,よみがえる仙台の文字文化−歴史資料保全活動10年の軌跡−(佐藤 大介)
  • 青柳文庫−江戸時代における蔵書の蓄積と公的貸出(早坂 信子)
●論文●
  • インドの図書館運動史:二人の父−サヤジラオ3世とS.R.ランガナタン(吉植 庄栄)
●書評●
  • 『メインストリートの公立図書館:コミュニティ場・読書のスペース・1876年-1956年』(今井 福司)
  • 『現代日本の図書館構想:戦後改革とその展開』(河村 俊太郎)
●資料紹介●
  • 三田村鳶魚の図書館利用(中西 裕)

『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第30号目次 2013年9月刊

●特別講演●
  • 普遍図書館に寄せて−図書館史研究を考える(寺田 光孝)
  • 戦後公共図書館史研究の方法と課題−森博の図書館実践の検討をとおして(奥泉 和久)
●論文●
  • 第二次世界大戦後図書館現職者教育におけるF.チェニーのレファレンス教育(前川 和子)
●書評●
  • 高野彰著『英語本の扉:その歴史と役割』(若松 昭子)
●資料紹介●
  • 和田万吉『第七回 図書展閲記 明治卅九年四月』(鈴木 宏宗)

『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第29号目次 2012年9月刊

●特別講演●
  • ダロウの書 −アイルランド=ノーサンブリア初期装飾写本の傑作−(阪田 蓉子)
  • 大学の町レイデンと本および図書館の歴史(桜田 美津夫)
●論文●
  • 17世紀英国における図書館の革新(雪嶋 宏一)
  • 佐野友三郎のこと −図書館の道を歩み出すまで−(小川 徹)
●書評●
  • 『図書館を届ける』を読んで(山田 美幸)
  • 『図書館の歩む道:ランガナタン博士の五法則に学ぶ』(吉植 庄栄)
  • 『日本軍接収図書:中国占領地で接収した図書の行方』−日本図書館史研究における学術の行方−(小林 昌樹)
  • 『ハンセン病図書館:歴史遺産を後世に』−ハンセン病療養所図書館史へのいざない−(野口 武悟)

『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第28号目次 2011年9月刊

●シンポジウム●
「『市民の図書館』40年」
  • シンポジウムの趣旨(奥泉 和久) pp.1-2
  • 『市民の図書館』と同時代を生きて(森下 芳則) pp.3-29
  • 『市民の図書館』と公共図書館の戦後体制(山口 源治郎) pp.31-47
●石井敦先生を偲ぶ会の記録●
「石井敦先生を語る」
  • ハンチングとコーヒーの人(木村 武子) pp.49-54
  • 東洋大学で石井敦先生から学んだこと(伊沢 ユキエ) pp.55-63
  • 変革の時代の図書館史研究−石井敦先生の図書館史研究の意義−(山口 源治郎) pp.65-74
●随想●
  • 帰ってきた楠田五郎太−試論・青年図書館員聯盟の図書館革新運動と戦後を繋ぐもの−(よねい・かついちろう) pp.75-102
●書評●
  • 村上美代治著『満鉄図書館史』:豊富な事実(小林 昌樹) pp.103-112
●資料紹介●
  • 「図書館年表論」に関する覚書(石井 敦) pp.113-121
●研究活動記録●
  • 研究活動記録(2002年4月−2011年3月) pp.123-130

『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第27号目次 2010年9月刊

■27号の一部に誤りがありました。【正誤表】をご参照ください。
■本Webページでは,訂正した内容(朱書)で記載しています。

●シンポジウム●
「これからの図書館史教育と図書館史研究」
  • 日本図書館文化史研究会2009年度研究集会シンポジウムの趣旨(小黒 浩司) pp.1-4
  • 省令科目をふりかえる―戦後における司書・司書教諭養成体制を整理する―(柴田 正美) pp.5-30
  • 日本の司書養成省令科目における図書館史関係事項の取扱い―その変遷と現代的位置について―(志保田 務) pp.31-44
●豊後レイコ氏に聞く●
  • CIE図書館について(豊後 レイコ) pp.45-65
●岡田弘子氏に聞く●
  • 岡田健蔵を語る(岡田 弘子・中山 公子) pp.67-77
●研究ノート●
  • ウェスタン・リザーブ大学ライブラリー・スクール「シェラ時代」(1952-70年)のカリキュラムの変化(松崎 博子) pp.79-118
●書評●
  • 光洋著『図書館の屋根の下を読んで』を読んで(高梨 章) pp.119-135
●石井敦先生追悼●
  • 頌賛愚公石井敦先生(藤野 幸雄) pp.137-140
  • 石井敦さん追悼(河井 弘志) pp.141-144
  • 石井敦先生略年譜 p.145
  • 石井敦先生図書館学関係著作目録(飯田 勝彦・奥泉 和久) pp.147-163

『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第26号目次 2009年9月刊

●特別講演●
  • 「21世紀の図書館協力」と「本の道」―IFLAソウル大会に因んで―(竹内  セ) pp.1-26
  • 本間一夫と日本点字図書館(阪田 蓉子) pp.27-46
●研究ノート●
  • 日本陸軍の図書接収活動―「陸軍省大日記」に見る―(鞆谷 純一) pp.47-73
●書評●
  • 『公共図書館サービス・運動の歴史』(石山  洋) pp.75-96
●書評反論●
  • 石山洋氏の拙著に対する書評に答える(岩猿 敏生) pp.97-1077
●人名索引●
  • 『図書館人物伝:図書館を育てた20人の功績と生涯』人名索引(松崎 博子) pp.109-123

『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第25号目次 2008年9月刊

●特別講演●
  • 日本古代の図書館を考える
    −奈良時代寺院における経典保存利用をめぐって−
    日本図書館文化史研究会 創立25周年記念2007年度研究集会・総会(小川  徹) pp.1-13
  • 図書館文化史と図書文化史
    日本図書館文化史研究会 創立25周年記念2007年度研究集会・総会(岩猿 敏生) pp.15-27
  • 図書館の歴史と現在
    日本図書館文化史研究会2007年度第3回研究例会・西日本図書館学会平成19年度セミナー合同研究発表会(河井 弘志) pp.29-45
●研究ノート●
  • ウェスタン・リザーブ大学ライブラリー・スクールの歴史 1904-52年(松崎 博子) pp.47-74
●書評●
  • 『ケンブリッジ・イギリス・アイルランド図書館史』(藤野 寛之) pp.75-95
  • 『日本図書館史概説』(石山  洋) pp.97-113
●資料紹介●
  • 金森徳次郎著作目録(戦前編) 1910-1945(霜村 光寿) pp.115-127

『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第24号目次 2007年9月刊

●シンポジウム●
もり・きよし−生誕100年− 日本図書館文化史研究会2006年度研究集会・総会
  • シンポジウム開催の趣旨(志保田 務) pp.1-3
  • NDCの誕生とその成長過程を巡って−標準分類法の成立へ−(石塚 栄二) pp.5-21
  • 国立国会図書館(NDL)時代の もり・きよし(石山  洋) pp.23-27
  • 恩師もり・きよし先生の遺徳−青葉学園短期大学時代−(宮内 美智子) p.29-36
●論文●
  • 射和文庫の蔵書構築と納本−近世蒐書文化論の試み T−(高倉 一紀) p.37-74
  • 森清と草創期の鳥取県立鳥取図書館−1931〜1934年を中心に−(津村 光洋) pp.75-95
●研究ノート●
  • 満州開拓地読書運動−中田邦造を中心に−(鞆谷 純一) p.97-119
  • 日本最初の女性図書館学留学生(宮崎 真紀子) pp.121-138
  • 呼物はロダン−美術の中の京都図書館−(高梨  章) pp.139-167

『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第23号目次 2006年9月刊

●シンポジウム●
図書館用品 その保存と活用 日本図書館文化史研究会2005年度研究集会・総会
  • シンポジウム開催の趣旨(中林 隆明) pp.1-2
  • 図書館用品の標準化−図書館協力への展望のもとで−(竹内 セ) pp.3-15
  • 歴史的図書館用品の調査・収集事業(木原 祐輔) pp.17-36
  • 明治期図書館の閲覧用テーブル,出納台,書架をめぐる話題少々(小川 徹) pp.37-52
●論文●
  • 三好高等女学校「婦人図書館」−学校図書館の先覚者・高津半造−(鞆谷 純一) pp.53-85
●研究ノート●
  • 華中鉄道図書館−森 清(もり・きよし)の上海時代−(米井 勝一郎) pp.87-107
  • 米国メリーランド州におけるカウンティ・ライブラリー・システム導入と館外サービスの展開(1898−1916)
    −ワシントン・カウンティの事例から−(中山 愛理) pp.109-123


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第22号目次 2005年9月刊

●特別講演●
  • 図書館史と図書館思想史と図書館学史 日本図書館文化史研究会2004年度研究集会・総会(河井 弘志) pp.1-27
●シンポジウム●
戦後公共図書館実践の再検証 日本図書館文化史研究会2004年度研究集会・総会
  • 戦後図書館実践の展開についての史的考察(塩見 昇) pp.33-45
  • レファレンス・サービスの模索と実践(伊藤 昭治) pp.47-62
  • 戦後公共図書館発展の背景(石塚 栄二) pp.63-72
●論文●
  • 戦前期日本における障害者サービスの展開
    −障害者自身の図書館サービスをめぐる運動と実践を中心に−(野口 武悟) pp.73-91


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第21号目次 2004年9月刊

●シンポジウム●
  • 基調講演 レファレンスサービスの連続性と断絶 日本図書館文化史研究会2003年度研究集会・総会(田村 俊作) pp.1-25
●論文●
  • ライヴァルは百貨店−1912年の図書館−(高梨 章) pp.27-56
  • 国立国会図書館長としての金森徳次郎(鈴木 宏宗) pp.57-76
●史料紹介●
  • 東京,南品川に明治25年に設立された品川縦覧館のこと(小川 徹) pp.77-83


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第20号目次 2003年9月刊

●シンポジウム●
図書館文化史研究の回顧と展望:日本図書館文化史研究会20周年記念シンポジウム
  • わが国の図書館史研究について(石井 敦) pp.6-21
  • 日本図書館史の時代区分の問題:歴史における断絶と連続(岩猿 敏生) pp.22-34
  • 比較図書館史の方法(藤野 幸雄) pp.35-49
『図書館雑誌』発刊経緯考(石山 洋) pp.65-78

●研究ノート●
  • 小牧共立普通図書館(長野県上田市)設立の事情とその実態(篠原 由美子) pp.79-107
『図書館史研究』・『図書館文化史研究』総目次 第1号−第20号 1984年ー2003年


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第19号(20周年記念号) 2002年9月刊

  • 発足までのこと−20年の歩みによせて−(石井 敦) pp.3-7
  • 日本図書館史の時代区分(岩猿 敏生) pp.9-19
  • 図書館史の方法について考えること(藤野 幸雄) pp.21-25 
  • 日本図書館文化史研究会と私(石井 敬三) pp.27-31 
  • 日本最古の図書館「書屋」について(小川 徹) pp.33-45 
  • ヴァイマール時代の教養図書館:Gottlieb Fritzの公共図書館思想(河井 弘志) pp.47-83 
  • アラバマ州公立図書館サービス部長エミリー・リードをめぐる黒人問題(1959年)(川崎 良孝) pp.85-109 
  • 司書養成と司書課程(阪田 蓉子) pp.111-131 
  • 「記述独立方式」と森耕一:非基本記入方式の成立(志保田 務) pp.133-148 
  • 創立20周年に寄せて(寺田 光孝) pp.149-157 
  • ボストンにおける二人のビゲロウ(中林 隆明) pp.159-162 
  • 地域のなかの射和文庫(細井 岳登) pp.163-183 
  • アメリカ公共図書館史にかかわる素描的点描(山本 順一) pp.185-203 


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第18号 2001年9月刊


●論 文●
  • トロント市立図書館の児童サービス:ジョージ・ロック館長の就任から「少年少女の家」開 設まで−第一次大戦を背景に−(深井 耀子)  pp.1-19
  • 広域出版流通の進展と本屋(書物屋)仲間の変容(大和 博幸)  pp.21-42
  • 占領期における教育使節団からの「本の贈り物」(中村 百合子,三浦 太郎)  pp.43-77
●研究ノート●
  • 図書館運動の系譜−長野県下伊那郡青年会の図書館運動をめぐって−(奥泉 和久)   pp.79-105
●資料紹介●
  • メイ・グラハム「日本の学校図書館」(篠原 由美子)  pp.107-119


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第17号 2000年9月刊

●論 文●
  • 図書館法制定過程におけるCIE図書館担当官の関与について(三浦 太郎)  pp.1-30
  • 射和文庫研究序説−幕末維新期文庫研究の視座−(細井 岳登)  pp.31-58
  • 天津日本図書館−ある植民地図書館の歴史−(米井 勝一郎)  pp.59-75
  • 図書館フェミニズムと図書館女性史−アクティヴィズムと学術研究,および公正と文化− (スザンヌ・ヒルデンブランド著 田口 瑛子訳)  pp.77-99


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第16号 1999年12月刊

●清水正三先生 浪江虔先生 追悼●
  • 追悼清水正三さん(西村 彩枝子)  pp.1-3
  • 清水正三氏と図書館史研究(山口 源治郎)  pp.5-14
  • 浪江先生を偲んで(手嶋 孝典)  pp.15-16
  • 浪江虔 図書館思想の形成(奥泉 和久)  pp.17-44
●研究ノート●
  • カナダ(英語系)における公立図書館の出発−トロント市立図書館開設にあたってのジョ ン・ハラムの活動について−(深井 耀子)  pp.45-67


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第15号 1998年9月刊

●巻頭言●
  • 図書館文化史方法論について(岩猿 敏生)  pp.1-10
●論 文●
  • 『ハックルベリー・フインの冒険』とアメリカの図書館界(伊香 左和子)  pp.11-27
●研究ノート●
  • アメリカ図書館協会1936年決議(大会での黒人差別反対)をめぐる議論(1940年,1945年) (川崎 良孝)  pp.29-40
  • 満洲の楠田五郎太−あわせて満洲国の図書館事情について(米井 勝一郎)  pp.41-55
●資 料●
  • 世界最初の公共図書館:ピーターバラ・タウン・ライブラリーの歴史(山本 順一)  pp.57-64
  • 研究活動記録(1982年12月〜1998年3月)  pp.65-75


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第14号 1997年8月刊

●巻頭言●
  • 図書館史研究の意義(河井 弘志) pp.1-4
●論 文●
  • 上海日本近代科学図書館史の一研究(米井 勝一郎)  pp.5-25
  • 黒人の隔離をめぐる討議の始まり−1936年アメリカ図書館協会年次大会(リッチモンド)− (川崎 良孝)  pp.27-40
  • アメリカ公共図書館におけるコミュニティ論−シンポジウム「コミュニティと図書舘」 (1943年)を中心に−(吉田 右子)  pp.41-63
●研究ノート●
  • 集書院の成立と衰退に関する史的考察(馬場 俊明)  pp.65-91


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館文化史研究』第13号 1996年12月刊

●巻頭首●
  • 前近代における図書館史はどう描けるのか−方法としての「図書館文化史」私考(小川 徹) pp.1-11
●永末十四生氏追悼●
  • 永末十四生君を悼む(岩猿 敏生)  pp.15-19
  • 永末十四生著作目録(石井 敦)  pp.21-23
●論 文●
  • ニューベリー図書館の特殊コレクション群:形成のプロセスと背景(若松 昭子)  pp.25-49
●録外録●
  • 大阪府立図書館大原文庫蔵「現行法規大全」と森戸事件(石井 敬三)  pp.51-70
●資 料●
  • The Development of Public Libraries in Japan after World War II(KAWASAKI Yoshitaka, YAMAGUCHI Genjiro and TAKASHIMA Ryoko)  pp.71-75


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第12号 1996年5月刊

  • 図書館史研究からみた“転換期”とは(石井 敦)  pp.1-18
  • 状況から明日(あす)ヘ(前川 恒雄)  pp.19-36
  • アメリカ公共図書館とテレビ・メディア:テレビ出現期を中心に(吉田 右子)  pp.37-52
  • 北アフリカの図書館活動−歴史的素描−《研究ノート》(須永 和之)  pp.53-60


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第11号 1995年8月刊

  • シュレッティンガーとヴァイセノーエ修道院(河井 弘志)  pp.1-28
  • 石川県図書推薦委員会の図書群−蔵書構成との関連から−(原 淳之)  pp.29-43
  • 『中小都市における公共図書館の運営』(中小レポート)の成立とその思想−石井敦氏イン タビュー記録−(石井 敦)  pp.44-79


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第10号 1994年3月刊

  • 1920−30年代の農民運動と図書館(小川 徹)  pp.1-24
  • 私立大学における図書館公開小史−明治期から新制大学発足まで−《研究ノート》(槻本 正行)  pp.25-48
  • 韓国図書館協会史−創立期(1945年−1950年)−《研究ノート》(林 昌夫)  pp.49-71
  • 『図書館史研究』総目次 第1号−第10号 1984年−1994年  pp.72-75


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第9号 1993年6月刊

  • 森耕一先生略歴
  • 森耕一先生・図書館史に関する主要文献一覧(北 克一)
  • 『図書館の話』刊行の頃(天満 隆之輔)
  • 森さんの歴史研究(石井 敦)
  • 森耕一先生と図書館史研究(川崎 良孝)
  • 森耕一先生を悼む(山本 順一)
  • 森耕一先生追悼(山口 源治郎)
  • アメリカ図書館協会の歴史(山本 順一)  pp.15-39
  • 図書館員の資質と責務について−1780年12月23日のソルボンヌ全体会議におけるJ.-B.コトン・デ・ウセの演説−《資料》(油井 澄子:訳)  pp.40-50
  • “第9回図書館史を考えるセミナー”の報告  pp.51-58
  • ニューズ・レター掲載記事一覧  pp.59


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第8号 1992年3月刊

  • 東京書籍館における法律書庫の開設(石山 洋)  pp.1-11
  • 20世紀初頭におけるシカゴ大学図書館の組織改革−集中制/分散制の論議を中心に(三浦 逸雄)  pp.12-39
  • 埼玉県の巡回文庫(飯野 洋一)  pp.40-71
  • “第8回図書館史を考えるセミナー”の報告  pp.72-89


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第7号 1991年8月刊

  • 啓蒙主義から歴史主義へ−F.A.エーベルトの図書館学思想−(河井 弘志)  pp.1-21
  • 安部立郎と川越図書館(飯野 洋一)  pp.23-41
  • Library History Studies in Japan and the Japan Society for the Study of Library History(JSSLH)(Yoshitaka Kawasaki/Sumiko Tsuda)  pp.43-55
  • 第7回図書館史を考えるセミナーの報告  pp.57-70
  • ニュース・レター(評論等)掲載記事一覧  pp.71-73


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第6号 1989年10月刊

  • 明治10年代前半における新聞縦覧所の設立について(奥泉 和久)  pp.1-30
  • 大学図書館基準(1952)制定過程(阪田 蓉子)  pp.31-71
  • ランガナタン研究の概況および分析(宮部 頼子)  pp.73-101
  • 第6回図書館史を考えるセミナー(緑陰セミナー)の報告(奥泉 和久:記録)  pp.102-105


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第5号 1988年9月刊

  • 図書館旅行記−啓蒙主義時代の図書館学−(河井 弘志)  pp.1-34
  • スペイン統治時代のフィリピンの図書館(二村 健)  pp.35-50
  • ハンガリー国立セーチェーニ図書館の成立(伊香 左和子)  pp.51-64
  • 張建国「我国第一個公共図書館建立時地弁正」訳注−中国初の公共図書館はいつどこに設立 されたか−(小黒 浩司)  pp.65-86
  • “第5回図書館史を考えるセミナー”の報告(中川 路加:記録)  pp.87-91
  • 本会活動の記録(阪田 蓉子)  pp.93


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第4号 1987年9月刊

  • 自由民権運動と図書館−五日市憲法と深沢文庫−(新井 勝紘)  pp.1-22
  • 1915(大正4)年における東京市立図書館の機構改革とその成果について−永末十四雄著『日 本公共図書館の形成』中の「東京市立図書館」についての論述に関連して−(清水 正三)   pp.23-52
  • 教育会図書館の発展過程に関する一考察−明治20年代から30年代にかけて−(奥泉 和久) pp.53-73
  • 戦後民衆図書館史(一)−庶民大学三島教室読書部の実践から−(中川 路加)  pp.75-90
  • 第4回図書館史を考えるセミナーの報告(寺田 光孝:記録)  pp.91-108
  • 本会活動の記録(阪田 蓉子)  pp.109


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第3号 1986年8月刊

  • 日本における地方図書館史研究の動向と課題(永末 十四雄)  pp.1-8
  • 昭和前期における愛知県の図書館活動−市立図書館の活動を考える−(加藤 三郎)  pp.9-24
  • 札幌区(市)教育会附属札幌図書館−その史的概観−(坂元 龍三)  pp.25-39
  • 京城帝国大学図書館について−遺稿−(関野 真吉)  pp.41-53
  • 図書館史教科書の改訂U−ジョンソン=ハリスの『西欧世界の図書館史』について−(藤野 幸雄)  pp.55-63
  • 日本地方公共図書館史文献目録1972〜1986年(石井 敦)  pp.65-74
  • 本会活動の記録(阪田 蓉子)  pp.75-79


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第2号 1985年8月刊

  • 図書館史教科書の改訂T−アブラーモフ『ソ連における図書館事業の歴史』を中心に−(藤野 幸雄)  pp.1-14
  • ニューヨーク公共図書館の成立とその展開−そこにあらわれた諸問題の検討−(山本 順一) pp.15-32
  • 古代中国における文献をめぐる諸問題(二)−春秋を主として−(工藤 一郎)  pp.33-47
  • アメリカ図書館史研究のビブリオグラフィ《文献展望》(川崎 良孝)  pp.48-54
  • 近代イギリス読者層研究について−山本武利氏の所論を中心として−《文献展望》(芝田 正夫)  pp.55-60
  • 西ドイツの図書館計画と図書館法《文献展望》(平野 美恵子)  pp.61-68
  • 図書館史研究会の活動経過(川崎 良孝)  pp.69-71


『図書館文化史研究』一覧に戻る


『図書館史研究』第1号 1984年8月刊

  • 戦後公共図書館実践史(一)(石井 敦)  pp.1-10
  • 図書寮と写経事業(小川徹)  pp.11-36
  • 古代中国における文献をめぐる諸問題(一)−春秋を主として−(工藤 一郎)  pp.37-52,74
  • 明治20年代刊行の印刷辞書体目録について−「東京図書館工芸書目録」及び「海軍図書目録 英書之部」に関する研究−(安達 将孝)  pp.53-74
  • 「図書の歴史」と図書館史の方法《文献紹介》(藤野 幸雄)  pp.75-79


『図書館文化史研究』一覧に戻る

トップページに戻る